{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
お気軽にご連絡下さい 0721-55-2521 (平日 9:00-17:00)
おしゃれな後付け庇(ひさし)専門店「ひさしっくす本店」です。 弊社の庇は機能性や利便性だけでなく、デザイン性にも優れたものを取り扱っております。ご不明な点はお気軽にご連絡ください。
ヒサシールド テーブルパーテーション

庇の施工事例
ひさしっくすへメール ひさしっくすへ電話

最新情報

スタンダードモデル(ひさしっくす) スタイリッシュモデル(ひさしっくす)
ロートアイアン(ひさしっくす) ティアラシリーズ(ひさしっくす)
ガラスシリーズ(ひさしっくす) ケノフィックス
デザイン庇(ひさし)早見表
ラインナップ 奥行き 横幅
Uモデル
コストパフォーマンスに優れた簡易タイプ
60cm 96cm
Hモデル
ボードのカーブがやや強く雨よけタイプ
70cm 97cm
120cm
140cm
Xモデル
デザイン性が高く女性に人気
80cm 120cm
136cm
150cm
187cm
Mモデル
アルミ製のブラケットで高強度
100cm 120cm
150cm
188cm
DVモデル
大きく日よけ、雨よけしたい場所に適します
120cm 136cm
150cm
188cm
SKYモデル
湾曲角度が大きく、雨よけに適したデザイン
70cm 120cm
140cm
EAモデル
湾曲デザインで先端が樋(とい)
95cm 120cm
150cm
200cm
TAモデル
フラットデザインで先端が樋(とい)
90cm 120cm
MAXモデル
スタイリッシュタイプで唯一連結可能
90cm 120cm

ひさしっくすは今まで無かったデザイン性と機能性に優れた後付け庇(ひさし)専門店です。

お家のデザインを壊さずに、素敵でお洒落な庇を取り揃えており、一般家庭のお客様、工務店様などからご注文を頂いております。

弊社は海外メーカーからの直輸入ならではの中間コストの大幅カットにより一般市場価格よりお安くご提供しております。

ひさしっくすはDIYで取り付け可能な、お洒落な後付け庇を豊富に取り揃えています。

ひさしっくすの庇の3つの特徴

1)他社にない曲線の美しさ
他社さまの庇は直線的な庇が多いですが、ひさしっくすの庇はゆるやかな美しい曲線を描いた庇も多く、またデザインもシンプルなものから、窓辺やエントランス周りを華やかにするデザイン性の高いものまで、豊富なデザインを取り揃えています。
お客様も、そのデザイン性を重視してお選び頂いていることも多い様です。
※一部、直線的なラインの庇もございます。
デザインの美しい庇 ■コントラスト
直線的な建物と曲線のラインとのコントラストは、そこに凛とした佇まいを感じさせます。

■奥行き感
曲線のラインは空間に立体感を与え、広がり、そして奥行き感を生み出します。

■印象的
アート感覚な曲線デザインは、そこに住む人のセンスを粋に表現します。


2)強度の高いポリカボネートを採用!
庇の屋根(ボード)部分のは、ポリカーボネートを採用!
衝撃テストでも証明された、高い強度を誇ります。

その強度は、同厚ガラスの約200倍。アクリルの30倍。
その特殊な強度から機動隊の楯にも使われているのは有名です。
割れ難さは他のボードに比べ抜き出た強靭さを誇ります。
庇の強度テスト ■安全性
火元を離せば自然に火が消えていく自己消化性を備えています。
また、万が一の火災の時にも、有毒ガスが発生しません。

保育園や学校など安全が求められる場所によく使用されている安全性の高い素材です。

■透明感
ガラスと同等の透明感があります。

■UVカット
紫外線を99%カットする素材でできており、夏の紫外線を気にされる窓辺への取付にも最適の素材です。

■軽量・耐久性
ガラス、アルミ、鉄と比べとても軽く、素材に粘りがあるため、優れた耐久性があります


2)圧倒的なコストパフォーマンス!
メーカー直輸入により、コストを最小限に抑えた価格にてご提供しています!
庇の倉庫写真
製造メーカーと独占販売代理店契約を結び、直輸入することで、中間マージンを一切省いた最小コストでの価格にて商品をご提供しています。

「いいものをより安く!」「お客様満足度を第一に!」をモットーに、頑張っております!

ご購入頂きましたお客様からも、「この価格でこの品質は満足!」という嬉しいお声を多数頂戴しています。


【ひさしっくすの想い】
庇(ひさし)との出逢いはある日のイギリス出張でのことです。
タクシー乗り場で並んでいた時、前列の女性が運転手さんに、

「白いキャノピーの前で停めて!」

というフレーズが耳に入りました。わたしは最初キャノピーという言葉の意味がわかりませんでしたが、後日キャノピーとは日本語で「庇」ひさしの事だということを知りました。

「なんだか西洋はお洒落な文化だな~」と感じたのが今から思えば始まりだったと思います。
その何ヶ月か後、とある展示会でひさしのメーカーと繋がる機会がありました。

利便性に優れた機能と個々なデザインに心躍る感覚をもった自分はさっそく仕入れて日本での販売をすることにしました。

数々のお客様から寄せられたメッセージにはこんなひさしを探してた!
本当にありがとう、ととても喜んでいただき、私の想いが加速していきました。

はじめは海外の建物と日本建築の違いも分からず、コンクリート構造とも木造構造の違いで、ひさしの設計変更などいろいろと大変なことも多かったですが、お客様が喜んでくれている顔を見るたびに、ひさしを事業としてよかったなーっと、幸せを感じています。

この先も、お客様の毎日に少しでも、ワクっとすつデザインや機能性を重視した製品を作り、日本中に笑顔を広げていくことが私の夢になりました。
ひさしっくす 代表 池垣