{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
お気軽にご連絡下さい 0721-55-2521 (平日 9:00-17:00)
ヒサシールド テーブルパーテーション

庇の施工事例
ひさしっくすへメール ひさしっくすへ電話

省スペースに自転車置き場(サイクルポート)の屋根を簡単DIY施工


新築、リフォームなどのとき、意外に忘れがちなのが自転車の置き場所ではありませんか?

屋根がないところに自転車を置くと雨ざらしになり、自転車が濡れてしまってサビの原因になったり、紫外線をあびてパーツが劣化してしまったり。。。
いいことがありません。

大切な自転車を守るために、屋外スペースを有効活用できるサイクルポートを後付けで取り付ける事が出来ます。




◆自転車置き場に屋根を付けるメリット


1:自転車が雨に濡れるのを防ぐ(自転車をサビから守る)

2:自転車を紫外線から守る(パーツの劣化を防ぐ)

3:自転車の盗難を防ぐ

4:サドルを拭く手間が省ける



◆サイクルポートの種類


【1】壁に直接取り付けるタイプ

省スペースを有効活用。
お家の壁を利用して取り付けるので、別の柱を用意しなくてもOKです。

玄関前のちょっとしたスペースや、勝手口横の隙間を、屋根付きの自転車置き場にすることができます。



【2】独立型のサイクルポート

新築の壁に直接つけるのはチョット、一戸建て車庫の隙間に設置したい、などのお悩みが解決。

地面に柱を打ち込まなくてもOK、DIY可能な商品もあります。



【3】ガレージタイプ

スペース確保が必要ですが、雨風雪、紫外線をブロックできます。要施工依頼

【4】テントタイプ

こちらもスペース確保が必要ですが、雨風雪、紫外線をブロックできます。


自転車置き場の施工事例・設置事例はこちら
並び替え
1件中 1-1件表示
並び替え
1件中 1-1件表示